【人生の楽園】ヨシコタンカフェ(水戸市)の場所とアップルパイの通販価格は?

前回の人生の楽園はこちら苺農家・長谷部農園

3月20日放送の人生の楽園で紹介されるのは、県水戸市にあるアップルパイ専門店・YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)。

店主は田中芳子さん(72歳)で、娘の雅美さん(46歳)と伴にお店を経営されています。

もともとは自宅の庭でテイクアウトのアップルパイ専門店としてオープンしていましたが、2度の移転を経て現在のYOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)になりました。

現在はイートインもできるお店となっています。

全部で約6種類のこだわりのアップルパイがめちゃ美味しいと評判です。

白熊
白熊
お取り寄せもできるんだって!

ここではYOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)の場所と、メニュー価格、そしてアップルパイの通販お取り寄せ情報ついてチェックしていきます!

YOCICOTAN Café(ヨシコタンカフェ)はどんなお店?

YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)茨城県水戸市にある「アップルパイ専門店」です。

お店の佇まいも可愛らしく素敵ですね。

以前は自宅の庭でテイクアウト専門でお店を開いていましたが、2018年5月に茨城県水戸市へと移転され現在のイートインもできるカフェとなりました。

(お店の開業のきっかけは、地元リンゴ農家の友人から送られた美味しいリンゴだったそうですよ)

ヨシコタンカフェのアップルパイは約6種類あり、砂糖の代わりにメープルシロップを使用してリンゴを煮ているとのこと。

店主の「美味しいものでココロから笑顔にしたい!」という想いから、素材にも力を入れており、できるだけ無添加・保存料不使用のオーガニックを厳選して使用されています。

通りすがりの社長
通りすがりの社長
体にも嬉しい!

本来の自然な素材の味を生かしたこちらのアップルパイは、食べるとどこか懐かしい美味しさを感じるとのことです。

2011年開業時から、何度も研究と改良を重ねたこだわりのアップルパイ。

めちゃ美味しいと評判になり、ヨシコタンカフェは「人生の楽園」以外にも「モヤさま」など、他のメディアで紹介されたこともある人気のお店です♪

通りすがりの猫
通りすがりの猫
これは食べてみたい!美味しそう!

ヨシコタンカフェの場所は水戸市のどこ?

YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)の場所と営業時間をチェックしましょう。

チェック

YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)

住所 〒310-0021 茨城県水戸市南町3-3-37
お店の電話番号 029-291-8177
営業時間 13時~20時
定休日 月曜日
メール yocicotan.cafe@gmail.com

※2021年3月18時点の情報です。

お店の事情により変更となる場合があります。

白熊
白熊
地図はこちらだよ!


目安として水戸駅から1,047mくらいの距離です。

ヨシコタンカフェのメニュー価格は?

YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)のメニュー価格をチェックしましょう。

チェック

  • 店内でイートイン可能
  • テイクアウトもできる

通りすがりの猫
通りすがりの猫
まずはイートインのメニュー価格だよ!

ヨシコタンカフェは店内で食べることもできます。

アップルパイとドリンクのセットがあり、A・B・Cセットが用意されていました。

※価格やメニューは変更になる場合があるので、ここでは目安としてご紹介します。

Aセット・・・アップルパイいっしょセット 1,200円

好きなアップルパイ1個とドリンクのセット

Bセット・・・アップルパイいっぱいセット 1,600円

好きなアップルパイ2個とドリンクのセット

Cセット・・・アップルパイとっぴんぐセット 1,700円

好きなアップルパイ1個と好きなトッピング2つとドリンクのセット

食べきれない分はテイクアウトもできるとのこと。

アップルパイの種類は?
白熊
白熊

ヨシコタンカフェのアップルパイはテイクアウトができます。

どんなアップルパイがあるんでしょうか?

チェックしてみます。

チェック

アップルパイの種類

  • ピュアプレーン(シナモン抜き・シナモンありが選べる)
  • クリームチーズ入り
  • カスタードクリーム入り
  • チョコカスタードクリーム入り
  • 季節・期間限定パイ
  • アップル・ド・ボー(パイ焼き菓子)

価格は1個540円くらいが目安です。

どれも美味しそうなアップルパイですが、注目なのはピュアプレーン。

こちらはなんと「シナモン抜き」も選べちゃう画期的なアップルパイ!

なかなか他店では見かけないですよね。

シナモンがちょっと苦手・・・という方でも美味しく食べれる一品です。

甘さも強すぎないので、男女ともに人気があるアップルパイとのこと。

通りすがりの社長
通りすがりの社長
シナモンが苦手でも食べられる!

季節・期間限定パイもどんなものが出てくるのか楽しみになります。

店頭のアップルパイのテイクアウトは、電話・SNSのDM・メール・お店のお問い合わせフォームから注文する形になります。

その際には、

  • フレーバーと個数
  • 受け取り希望日時
  • 名前
  • 電話番号

をお店にお伝えすることになるそうです。

特に番組放送後は混雑が予想できるので、完売する前に早めに予約をしてお店に行かれた方がいいでしょうね。

チェック

ヨシコタンカフェのTwitter⇒ここから行けます

ヨシコタンカフェの連絡先⇒029-291-8177

ヨシコタンカフェのアップルパイ通販お取り寄せ価格は?

ヨシコタンカフェのアップルパイ、お店が地元じゃなくても手に入れる方法があります。

通販でお取り寄せすることができるんです。

白熊
白熊
やったね!で、どこで注文するの?

ヨシコタンカフェの公式ホームページで注文することになります。

ヨシコタンカフェ

出典元:https://yocicotan.shop

2021年3月18日現在ですが、通販でお取り寄せできるメニューと価格はこちらです。

※期間限定のものが含まれます。

 また状況により売り切れの場合もあるのでご注意。

  • よしこたんのアップルパイ・アソート6種セット・・・¥4,720 税込
  • 冷やしアップルパイ(アイス)アソート6種セット・・・¥4,720 税込
  • よしこたんのアップルパイ選べるアソート1種6個セット・・・¥4,720 税込
  • 冷やしアップルパイ(アイス)選べるアソート1種6個セット・・・¥4,720 税込
  • 期間限定よしこたんのアップルパイアソート6種+焼き菓子セット・・・¥5,960 税込
  • よしこたんのアップルパイピュアプレーン1種6個+焼き菓子4個セット・・・¥6,498 税込

売り切れる前にチェックしよう!
通りすがりの猫
通りすがりの猫

購入を検討される方は、こちらのヨシコタンカフェの公式ホームページへどうぞ。

⇒ヨシコタンカフェで注文する!

人気のセットはすでに売り切れてる場合があるので、お早めに。



ヨシコタンカフェのアップルパイの評判は?

最後に気になるヨシコタンカフェの評判をチェックしましょう。

食べログやTwitterなどの口コミ・評判をまとめてみました。

※一部抜粋しています。

こんなにリンゴがごろごろ入ってるアップルパイは他にない。
甘さがかなり控えめでリンゴ本来の味が楽しめる。
小ぶりだけど中には甘く煮た林檎がたっぷり入ってる!
アップルパイとっても美味しい!
懐かしい味がする
たくさん種類があってアップルパイ好きはたまらない
リンゴ本来のほどよい酸味があっておいしい。飽きずにこれはもう1個食べられる。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
甘すぎなくて美味しいアップルパイなんだって!
リンゴ本来の味が生きた、飽きない美味しさが評判みたいだね
通りすがりの社長
通りすがりの社長

人生の楽園・予告とまとめ

今回は3月20日放送の人生の楽園で紹介される「YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)」の場所とメニュー価格、通販お取り寄せ情報について注目しました。

もう一度お店の情報をまとめます。

チェック

YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)

住所 〒310-0021 茨城県水戸市南町3-3-37
お店の電話番号 029-291-8177
営業時間 13時~20時
定休日 月曜日
メール yocicotan.cafe@gmail.com

※2021年3月18時点の情報です。

  • ヨシコタンカフェのイートイン予算:セット価格は1,200円~1,700円が目安
  • テイクアウトの予算:アップルパイ単品の価格は540円が目安

※テイクアウトの予約:電話・SNSのDM・メール・お店のお問い合わせフォームから注文

通販お取り寄せはヨシコタンカフェの公式ホームページから注文できます。

番組放送後は予約が殺到するかもしれませんので、検討されてる方はお早めに。

茨城県水戸市にあるアップルパイ専門店・YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)。

経営されるのは田中芳子さん(72歳)と長女の雅美さん(46歳)です。

お店開業のきっかけは、リンゴ農家の友人が送ってきた出荷できなかったリンゴから。

「愛情一杯に育ったリンゴを生かしたい」という気持ちから、アップルパイ作りを始めたのが全ての始まりでした。

最初は自宅の庭でテイクアウトのみのアップルパイ専門店として経営され、3年後にイートインもできるお店にしたいという夢を叶えるために水戸市へ2度移転。

現在のYOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)が、2018年5月にオープンした経緯があります。お店のために70歳で銀行の融資を受けたそうで、チャレンジ精神がすごいです。

10年前、友人から受け取ったリンゴを生かしたいと始めたアップルパイ作り。芳子さんと雅美さんの願いは一つ「アップルパイでみんなを笑顔にしたい!」。そんなお2人の奮闘ぶりと、支えてくれる地域の方々やお客さんとの交流を紹介します。

ヨシコタンカフェを経営される田中芳子さんと娘・雅美さんの物語をお見逃しなく!

【人生の楽園は他にもこちらが人気です】

⇒蔵カフェ草風庵・埼玉飯能市

⇒パン工房日時計パンとおやつ・鎌倉市

⇒おやつ工房ひびのや・埼玉越谷市

⇒茶房のの・栃木県足利市

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする