【ちびまる子ちゃん来年30周年!】新ED・歴代EDと伴に懐かしむ

こんにちは、kumaosa.com管理人のくまおさです。

ちびまる子ちゃん、来年1月でもう30周年を迎えるのですね!

ずっと長い間親しまれてきた国民的アニメの一つですが、そんなに時間が経ったのかと思うと感慨深いものがあります。

私くまおさも子どもの頃に親からちびまる子ちゃんの本を買ってもらったり、日曜日の夕方に家族とご飯を食べながらいつも観ていて・・・なんだかしみじみとしてきました。

ちびまる子ちゃんは10月6日に新エンディング主題歌に代わり、今回手がけるのは斉藤和義さん。曲名は「いつもの風景」です。

今回はそんなちびまる子ちゃんの新エンディング主題歌をはじめ、30周年を振り返る気持ちで歴代のエンディング主題歌をまとめてみました。

皆さんの一番懐かしいちびまる子ちゃんはどの曲でしょうか?

まずは新EDから順にご紹介します!

新ED「いつもの風景」                  2019年10月6日~

斉藤和義さんが歌う新エンディング主題歌です。生前さくらももこさんが作詞された曲を、斉藤和義さんが作曲編曲をされました!

10月6日にリリースされていますので、気になる方はぜひ聴いてみてください♪

どこか懐かしい気持ちになるような暖かさがあって、疲れた心にすっと沁みこんでくる素敵な歌です。

「おどるポンポコリン」                 1990年1月7日~1991年3月30日

B.B.クイーンさんが担当する初期のエンディング主題歌です。

ちびまる子ちゃんと言えばおどるポンポコリン!

今でも、ももクロなど様々なアーティストがカバーしてますね♪

「走れ正直者」                    1991年4月7日~1992年9月27日

西城秀樹さんが担当した初期のエンディング主題歌。

りんりんらんらんソーセージ~♪のフレーズが頭に残る!

思わず口ずさんでしまう楽しい歌です♪

さくらももこさんの希望で実現したそうですよ!

第2期「針切じいさんのロケン・ロール」          1995年1月8日~1996年5月26日

植木等さんが担当する第2期のエンディング主題歌です。

植木さんの味のあるあの声と面白い歌詞がマッチしていて耳に残る歌ですね♪

この曲は実は洋楽のカバー曲らしく、The People Eater (歌手Sheb Wooleyさん)が原曲とのこと。カバー曲だったとは知りませんでした。

「あっけにとられた時のうた」              1996年6月2日~1998年6月28日

たまさんが担当するエンディング主題歌です。

途中で出てくる野口さんの「くっくっく・・・」の声が、実はさくらももこさんの声だったことは後から知りました。

たまさんの独特の声とリズムがくせになる歌♪

「じゃがバタコーンさん」                1998年7月5日~2001年9月23日

ManaKanaさんが担当するエンディング主題歌です。

まるちゃんとたまちゃんが音楽に合わせてダンスする姿が可愛らしい♪

アイダホ、アイダホ、アイダホ~のフレーズなど、さくらももこさんが手がける作詞は耳に残る言葉がたくさんです。個人的に一番好きなエンディング主題歌!

「ちびまる子音頭」                   1999年7月4日~8月29日

ManaKanaさんが担当するエンディング主題歌です。

CDにはまるちゃん音頭の振り付けの解説用紙が一緒に入ってます。

アニメ音頭の一つですね♪まるちゃん達が音頭を踊っている姿を真似した方もいるのでは?

「休日の歌(Viva La Vida)」              2001年10月7日~2003年3月30日

DELiGHTED MINTさんが担当するエンディング主題歌です。

これまでのエンディングと違ってラップ調の曲調。夕方の日曜日にぴったりの何処か気怠げな音が、懐かしくて切ない気持ちに。

「宇宙大シャッフル」                  2003年4月6日~2004年6月27日

LOVE JETSさんが担当するエンディング主題歌です。作曲は忌野清志郎さん!

毎回ちびまる子ちゃんの曲は素敵ですが、こちらはロックでリズミカルな歌♪

日曜日の夕方の憂鬱さも飛んで元気になれそう。

「アララの呪文」2004年7月4日〜2012年3月25日

担当は 爆チュー問題(爆笑問題)!懐かしい!

個人的に好きなちびまる子ちゃんのエンディング主題歌の一つです。

思わず踊りたくなるような独特のかっこよさが素敵。

楽しいリズムだけでなく、歌詞もとてもいいのでぜひ聴いて欲しいです。

「100万年の幸せ!!」                 2012年4月1日~2017年10月1日

桑田佳祐さんが担当するエンディング主題歌です。

2017年10月1日のちびまる子ちゃんスペシャルでは、桑田さんご本人がアニメに登場されましたね。一番長い間エンディング主題歌を務められた曲です。

爽やかで何処か切ない曲調。何気ない幸せを描かれた素敵な曲です。

個人的にこの曲を聴くと切なくなるけれど、また来週から頑張ろうという気持ちになれます。

歌詞をじっくり見ながら聴いてほしい一曲です。

「すすめナンセンス」                  2017年10月8日~2019年9月29日

PUFFYさんが担当するエンディング主題歌です。

アニメの歌の中でPUFFYさんお二人が登場していましたね。さくらももこさんワールド全開の、楽しい世界観が味わえる一曲です♪

今までのEDを振り返ってみて

いかがだったでしょうか?

歴代EDのどの曲が一番懐かしく感じるかは世代によっても違うと思います。

こうして振り返ってみると、様々なアーティストが関わっていることがわかりますね。

最近で言えば桑田佳祐さんやPUFFYさんが、歌の中にもキャラクターとして出演していたりと演出も変わってきました。どんどん演出が凝ってきて、これからもどんな演出が出てくるのか楽しみですね♪

世代を超えて楽しむことができるのも国民的アニメの魅力の一つ。

これからもずっとお茶の間の存在として応援しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする