高江友作の流木インテリアは購入可能?アトリエの場所や個展は?マツコ

どうも、くまおさです!

マツコの知らない世界に出演される

流木作家・高江友作さんの作品に注目!

特に「Tstool」という作品が

おとぎ話の世界をそのまま切り取ったような

可愛さなんだよね!

靴を履いてるのが特徴的♪

今回はそんな高江友作さんの

流木インテリアが購入できるのか?

アトリエの場所や個展など

気になったので調査してみた!

高江友作さんの流木インテリア「Tstool」が可愛い!

まずは高江友作さんが制作された

流木インテリアの1つ「Tstool」をチェック!

その可愛さに魅了されるはず!

View this post on Instagram

T011 壮年 manhood 足の筋肉も発達し、どっしりとした雰囲気に仕上がりました。 座面と靴の材は栗の木を使用しています。 耐久性にも保存性にも優れた栗の木材。 玄関に居てくれるだけで、何世代にも渡って一家を守ってくれそうです。 #Tstool #木靴のスツール #woodwork #woodshoes #woodshoesstool #woodstool #woodarthermit #mountainlife #Japan #shizuoka #耐久性 #くり #栗 #クリ #栗の木 #無垢家具 #創作家具 #自然素材 #スツール #静岡 #月1で開くアトリエ #Tsaku #毎月第4日曜日オープン #TOMOSAKUTAKAE #tomosakutakae #高江友作 @wood_art_hermit

A post shared by TOMOSAKU TAKAE / 高江友作 (@tomosakutakae) on

存在感がすごい!

コメントにもあるように確かに

守ってくれそうな安心感がある笑

強そうだけど可愛さもある感じが

またいい♪

こちらは一転しておしとやかな可愛さ♪

ちょっと内股気味なのも

個性が出てて可愛さが増してる!

顔がないのに表情が見えるインテリア。

こちらは確かにわんぱくそう!

スカートの子とツインになってる感じ?

今にも動き出しそうで可愛いよね♪

この丸いフォルムがまた可愛くて

たまらない!

飲み物とか乗せたらそのまま動いて

持ってきてくれそう♪

命が吹き込まれてるかのような

動きがあるインテリアだよね。

家の前で待ってくれてる笑

こんな風にお出迎えしてくれたら

たまらないよね~♪

ほんと可愛すぎる。

高江友作さんの流木インテリアは購入可能なの?

次に気になるのは

高江友作さんの流木インテリアは

購入することが可能なのか?という点。

調べたら

高江さんのホームページに案内が見つかった。

作品のご購入などでお越しいただく際は、

事前に下記のメール又はお電話にてご予約をお願いいたします。

※遠い山中までお越しいただくので、

ご観覧希望の作品の有無などを是非事前にご確認ください。

どうやら事前連絡や相談は必要だけど

購入することはできるみたい。

高江友作さんの連絡先
【mail】
info@tomosakutakae.com
【tel】
090-9375-5918

高江友作さんのアトリエの場所と営業時間は?

高江友作さんアトリエ「Tsaku

月に1回だけオープンしてる。

毎月第4日曜日10:00~17:00

住所が

〒421-1302

静岡県静岡市葵区鍵穴38−2。

地図はこちら!

アトリエに行く際には車が必要と思われる。

看板は出てないそうなのでご注意を。

アトリエは自宅兼工房になってて

約1年半をかけてご自身が手がけたんだって!

凄いよね・・・!

高江友作さんの個展はいつ?

高江友作さん

過去に何度か個展を開いてる。

2018年9月  寺田倉庫(東京・天王洲アイル)にて、

個展「 wood art hermit 展 ~創作して生きる~ 」を開催。

2019年4月  CCC(静岡市文化・クリエイティブ産業

振興センター)にて、個展「躍動する家具とTstool 展」を開催。

2019年5月  シェイクスピア・ギャラリー(東京・お茶の水)

にて、個展「Tsaku展」を開催。

2020年の個展情報はまだ未掲載だったので、

今のところは未定みたい。

今後告知されるかもしれないから

高江友作さんのホームページで

確認してみてね♪

⇒高江友作さんのホームページ

この記事のまとめ!

1月21日のマツコの知らない世界に

流木作家の高江友作さんが出演!

高江さんの手がける流木インテリア(家具)

どれも今にも動き出しそうな躍動感

おとぎの国にいるような可愛らしさ

靴を履いてるのがまたいいよね!

他にも多数の作品を作られていて

そのどれもが魅力的!

これからも注目の流木作家さん♪

⇒他のマツコの知らない世界はこちら!

最後まで読んでくれてありがとう!

それではまた!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする