野田一江は箕面自由学園チア部名コーチ!経歴やプロフィールは?セブンルール

どうも、くまおさです!

2020年2月4日のセブンルール

箕面自由学園チア部コーチ、

野田一江さんが出演!

箕面自由学園は全国優勝31回の

強豪チア部で日本一の常連とのこと。

今回のセブンルールではコーチである

野田一江さんにスポットライトが当たる。

ここでは名コーチと呼ばれる実力者である

野田一江さんの経歴やプロフィールなど

詳細に迫ってみたいと思う!

野田一江コーチのプロフィールは?

名前:野田 一江

年齢:55歳

出身地:大阪府

職業:箕面自由学園チアリーディング部

「ゴールデン・ベアーズ」ヘッドコーチ

学歴:同志社女子大学・学芸学部

音楽学科・クラリネット専攻

大学卒業後はクラリネット奏者として活躍されてた。

25歳で音楽の非常勤講師として、

箕面自由学園に就任されてる。

1991年に箕面自由学園チア部が

創設された時から

コーチとして関わってる。

最初は音楽の先生として来たところが

意外な感じ!

最初からチア部コーチとして

箕面自由学園に来た訳じゃないんだね。

チア部指導経験ゼロから

今の常にトップクラスの成績をたたき出す

強豪チア部のコーチになるなんて

凄すぎる!

次に野田一江コーチが指導した

箕面自由学園チア部の戦績に注目!

箕面自由学園チア部の戦績は?野田一江の指導力がすごい

常にトップの成績を出し続ける

箕面自由学園チア部の戦績をみてみよう。

わかりやすく表にまとめてみた!

野田一江コーチの指導力と

箕面自由学園チア部の努力が

どれだけスゴイか体感できる。

平成8年度 高校選手権優勝
平成9年度 全日本選抜優勝、西日本大会優勝
平成10年度 JAPANCUP優勝、西日本大会優勝
平成11年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成12年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成13年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成14年度 JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成15年度 JAPANCUP・西日本大会優勝

平成16年度 JAPANCUP・高校選手権優勝
平成17年度 JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成18年度 全日本選抜・JAPANCUP・高校選手権優勝
平成19年度 アジアインターナショナル・関西大会・JAPANCUP・西日本大会優勝
平成20年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成21年度 関西大会・JAPANCUP優勝
平成22年度 関西大会・高校選手権優勝
平成23年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝

平成24年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成25年度 JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成26年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権優勝
平成27年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝
平成28年度 関西大会・JAPANCUP・高校選手権・西日本大会優勝

※箕面自由学園チア部から引用

表にしてこうして見てみると

数々の大会を優勝という戦績に圧倒!

(ひとつも2位とかがなくて

全部トップ成績って凄すぎる・・・)

国内だけでなく国際大会にも挑戦し

ここでも優勝という優秀な成績を

収めてるのは素晴らしい。

野田一江コーチとチア部の皆さんの

強い絆も感じられる。

(お互いを信頼できてないと常にトップを

走り続けるなんて難しいよね)

野田一江コーチのこれまでの経歴は?

野田一江コーチの経歴(指導歴)をチェック!

指導歴・経歴

  • 1991年・・・箕面自由学園ゴールデンベアーズコーチに就任
  • 2001年・・・箕面自由学園ミニベアーズのコーチ就任
  • キッズベアーズ創部・コーチ就任
  • 第2回の世界選手権大会・女子部門コーチ就任

野田一江コーチは1987年に

同志社女子大学音楽学科を卒業後は、

クラリネット奏者として活躍。

25歳で箕面自由学園に

音楽の非常勤講師として就任後、

チアリーディング部

「GOLDEN BEARS(ゴールデンベアーズ)」

のコーチを担当される。

ちなみにアメフト部を応援する為に

チア部が作られた経緯があって

応援だから発声くらい教えられるだろう

と、音楽の講師だった野田一江さんに

声がかかったのがきっかけでコーチに!

チア指導ゼロで常勝チームを築き上げた

その指導力もスゴイけど、

何より生徒との信頼関係も絶大!

生徒から

「熱血だけど優しい、お母さんみたい」と

慕われてる人間力も名コーチと呼ばれる

実力の1つなんだと思う。

箕面自由学園はどんな学校?

箕面自由学園は1926年創立

大阪府豊中市にある学校。

チアリーディング部の他にもアメフト部や

男子バスケ部、女子バレー部、吹奏楽部なども

強豪として知られている。

個性を発揮出来る高い教養と

マナーや学力、課外活動などバランスのとれた教育に

力をいれている学校。

野田一江コーチのセブンルールとは!

最後に番組で放送された

野田一江コーチのセブンルール

くまおさ的にまとめてみたよ!

強豪チア部の名コーチのセブンルールとは?

1,他校がやらない技を取り入れる

常に新しいことにチャレンジしようと

高校生ではまだ誰も取り入れてない

高難度の技を入れている。

8時間にも及ぶチアの練習の中で

部員たちは常に笑顔で

お互いを励まし合っている。

チアは信頼関係が全てで、

少しのタイミングのずれが怪我に

繋がることもある。

ゴールデンベアーズは積極的に

他校がやらない技を取り入れている

チャレンジャー精神と

それを支える強い信頼関係があった。

2,ノートで生徒の心の声を聞く

野田一江さんはいつも練習動画の

チェックを欠かさない。

全体の中の一人の動きを見ることで

それぞれの改善点が見えてくる。

さらに部員72名の個人ノートがあり、

野田一江さんは部員がこれだけいるから

「何を悩んで何を考えているのかが

わからないことも多い」と、

それぞれノートを作ったのだという。

ノートには部員のことが

詳細が書き留められていた。

心の声を聞くために努力されている。

3,家族の朝食は全員別メニュー

忙しい毎日の中、

朝食以外は家族いっしょに

食事ができないことも多い。

家族全員が揃う朝ごはんだけは

好きなものを食べてほしい。

野田一江さんはそう思って、

朝食は家族の好物を出している。

4,生徒の前では常に笑顔

部員の前ではコーチとして

常に笑顔でいるようにしている。

生徒の鏡でいたい、という想いと

試合で緊張してる生徒達に

「自分の前に立ってる人が笑顔だと

安心するから」という優しさがあった。

5,テストの点数次第で練習から外す

野田一江さんは部員72名分の

中間テストの一覧表を持ち、テストを

チェックしている。

目標点数に届かなかった生徒には声をかけ、

学科の先生へ申し送りをする。

チアでトップ成績の部員でも

あくまでも学業が優先。

「社会に出た時に勉強できない癖が

つくとよくない」

コーチとしてだけでなく、

先生としても熱い想いがある。

6,ゲンは担ぎまくる

大会前は串カツのお店に食べに行ったり、

チキンカツを食べたりと、

とにかく「カツ」をよく食べるそう。

さらに神社に行って必ず祈願する。

ゲンは担ぎまくるという。

7,生徒とは距離を置く

昔はプライベートから何まで

とにかく距離がかなり近い関わりをしていた。

大会前は部員一人一人にお手紙を渡し、

声をかけていた。

しかしそれが失敗となり、

本番になるとこれがみんなとやれる

最後の演技と、感情的になって

ボロボロになってしまったことがある。

コーチのために頑張ろうとしてしまった。

「私のために頑張るんじゃなくて

自分たちのために頑張る」

「応援してくれる人のために頑張る」

そう思って、あえて生徒とは

一定の距離を保つようにしているという。

この記事のまとめ!

2月4日放送のセブンルールに出演される

野田一江コーチは大阪出身の名コーチ。

今回は野田一江コーチのプロフィールや

指導歴などの経歴、そしてコーチ担当の

箕面自由学園チア部ゴールデンベアーズの

戦績などまとめてみたよ!

数々の大会を常勝してきたチア部と

指導してきた野田一江コーチの

スゴさが伝わってくる!

これからもトップを走り続ける

野田一江コーチとチア部の皆さんの

活躍を応援したい♪

次回は静岡の老舗おでん屋の看板娘!

こんにちは!くまおさです! 2月11日のセブンルールには おでん屋の看板娘である 中津川真生子さんが出演!...

⇒過去のセブンルール一覧はこちら!

最後まで読んでくれてありがとう♪

それでは次回!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする