松崎順一が家電蒐集家になった理由は?著書やラジカセも紹介【マツコ】 

どうも、くまおさです!

今回はマツコの知らない世界(12/10)に登場

されるラジカセの世界の案内人、

松崎順一さんに注目!!

ラジカセってレトロなとこが今また人気出てるらしい。

ここでは松崎順一さんの職業

ラジカセ蒐集家になったきっかけ

著書などの取り組みを調査するよ。

気になるラジカセについても♪

それではどうぞ!

松崎順一さんのプロフィールとお人柄を調査!

名前:松崎順一(まつざき・じゅんいち)

生年月日:1960年生まれ(59歳)

職業:家電蒐集家、家電考古学者、デザイナー

デザインアンダーグラウンド(主宰)

(蒐集家=収集家。最初読めなかった笑

家電考古学者って気になるよね)

松崎順一さんの職業がやっぱり気になるね~!

家電蒐集家に家電考古学者、さらにデザイナーと

多彩なお仕事をされてる様子!

2003年にデザインアンダーグラウンドって会社を設立して

東京足立区にファクトリーがあるそうだよ。

家電考古学者って言われるのは

松崎さんが70年代以降の日本製ラジカセを

収集、発掘してるからみたいだね。

集めてコレクションにしてるだけじゃなくて

整備したりカスタマイズもしてる。

メディア出演も多数あって有名なのは「タモリ倶楽部」かな?

雑誌や著書出版、さらにイベントなど

今とても忙しく活躍されているお方だった!

家電蒐集家になったきっかけは?

気になるのが松崎順一さんが

なぜ家電蒐集家の道へ進んだのかってとこ!

もともとデザイン会社に勤めてたそうで、

子どもの頃から家電に興味があったらしい。

ラジオ作りや電子工作もしてたとか。

高校生の頃にアマチュア無線にはまって

海外の人とも通信するうちに英語が堪能になった

とかいうエピソードも!笑 これすごいよね。

そんな松崎順一さんの人生の転機が

37歳の時の交通事故だったそう。

背骨を折る全治6ヶ月という大けがを負ってしまった。

その時に自分の人生について深く考えて、

なにか生きた証を残したいと思うようになったとか。

42歳でデザイン会社を退職して自分の道へと進んだそう。

家電蒐集家になったきっかけと思われるお話に、

40歳頃に偶然入ったリサイクルショップで

ラジカセを見つけて以来、

中古のラジカセコレクターになったエピソードが!

子どもの頃は高くて買えなかったけど、

大人になった今なら買えるってことで

ラジカセ集めにはまったんだって。

大量に集めるようになって当初は奥様から

怒られたこともあるんだとか・・・。

うーん、場所とるから仕方ないかな!笑

人間なにがきっかけになるかわからないよね。

もしこの時にリサイクルショップに行かなかったら

もしかしたらラジオ蒐集家にならなかったかもだし。

交通事故もかなりツラい体験だったと思う。

でもこれが人生の転機になるなんて

当時は思いもしなかったんじゃなかろうか。

松崎順一さんのお仕事はどんなことをしてるの?

家電蒐集家、家電考古学者、そして空間デザイナーなど

マルチな活躍をされてる松崎順一さん。

一体どんなお仕事や取り組みをされてるのか?

松崎順一さんのお店デザインアンダーグラウンドでは

主に70年代~80年代くらいのラジカセなどの家電で

破棄されたものを業者から仕入れてるそう。

販売の他、修理やカスタマイズなど請け負ってる

※詳細はお店のホームページを見てね。

お店には常時4000~5000台くらい在庫があるらしい!!

それだけあれば壮観だね~!

カッコイイ国産家電が

海外に流出するのを避けたいって気持ちが

あったんだとか。

家電考古学者ってなんだろと思ったら、

こうしたレトロ家電を発掘する作業されてるから

家電考古学者とも呼ばれてるみたい。

根気のいる作業だと思うけど、見つけた時は楽しいだろなあ。

破棄された物から宝物を見つけ出すってロマンがある♪

空間デザイナーとしてのお仕事もスゴイ!

最近はテレビドラマの仕事も多いです。いまだとNHK「ひよっこ」の家電系の演出とか。オープニングに出てくる家電はだいたい僕が集めて提供しています。各テレビ局、CM、映画関係、いろんなところから声がかかりますね。

引用元:クリスクぷらす

普段なにげなく見てるドラマやCMの中の家電、

もしかしたら松崎順一さんが手がけたものなのかも?

これから観るときはそこもチェックしとこ!

めちゃスゴイ・・・。

他にも家電関係イベントのプロデュース、お店のディスプレイ、

書籍の執筆、Webでの連載、デザイン会社顧問など。

お仕事の範囲はどんどん拡大してる感じがする!

家電イベントもよく行ってて、

どれも気になるものばかり。

こちらもチェックだね~!

レトロ家電・ラジカセ愛に溢れる著書を紹介♪

松崎順一さんは書籍も執筆されてたので、

そのレトロ家電、ラジカセ愛たっぷりの本をご紹介!

現在は改訂版が発売中♪

ラジカセのデザイン!

世界初のラジカセビジュアルブックがパワーアップして帰ってきた!

2009年に刊行され大きな話題となった『ラジカセのデザイン! 』に、あらたに20機種を追加、当時の各メーカーが販売用に作成したカタログも56機種掲載。判型も大きくなり、ページ数も増加と、大幅にパワーアップした増補改訂版が登場です。

引用元:Amazon

70年代アナログ家電

カタログ・メイド・イン・ジャパンのデザイン!

「70年代アナログ家電カタログ」が文庫になって待望の復刊!

いつまでも色褪せない、ニッポン家電〝黄金期〟1970年代前後に生まれたニッポン家電の貴重な製品カタログ約530点を一挙公開。
オーディオ、テレビ、冷蔵庫、掃除機、電話…など。
家電好きはもちろん、レトロデザインの数々は、眺めているだけでも楽しく懐かしい。

引用元:amazon

ラジカセ for フューチャー:

新たに根付くラジカセ・カセット文化の潮流

世界的に、ラジカセとカセットテープへの熱い視線が集まっている。
(中略)

デジタル全盛の中、ラジカセやカセットテープというアナログなカルチャー/テクノロジーへの注目はなにを意味しているのか?
このブームの日本における仕掛け人のひとり、松崎順一(家電蒐集家)を中心に、2016年、最も新しいものとしてのカセット/ラジカセの現在と未来とを明らかにする。

引用元:amazon

気になる方はチェックしてみてね♪

松崎順一さんプロデュース!素適なデザインのラジカセは?

松崎順一さんが仲間の方と一緒に

家電メーカーも設立してるらしい!

ブランド名がMY WAY(マイウェイ)。

「自分の好きなことをやっていこう」

という意味が込められてるという。

そのオリジナルのラジカセの紹介動画があったから

載せておくね。

※2017年春に発売したという話あり。

ビビッドなオレンジ色がレトロ可愛い♪

お部屋にディスプレイしたくなるデザイン!

この記事のまとめ!

今回は12月10日放送マツコの知らない世界の

「松崎順一」さんに注目してみたよ!

70年代のラジオなどレトロ可愛い&カッコイイ家電が

今どんどん人気が出てるのも納得だよね。

番組の中でまた素適なデザインの家電が

登場すると思うので楽しみに待とう♪

それでは今回はこのへんで。

最後まで読んでくれてありがとう!

※マツコの知らない世界の人気記事はこちら。

※12月3日に更新♪ どうも!くまおさです! 今回は12月3日放送のマツコの知らない世界 手袋の世界の案内人、 ...
※12月2日記事更新!! (修正箇所あり) どうも!くまおさです! 12月3日の【マツコの知らない世界】はタコス!...
どうもこんにちは!kumaosa.com管理人、くまおさです! 11月5日放送「マツコの知らない世界」のテーマは「貯金箱」。 ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする