小松務の母も息子も名経営者?小松製菓が超ホワイト企業すぎ!!

どうも!くまおさです!

11月21日放送カンブリア宮殿出演の神経営者は、

あの南部せんべいで有名な小松製菓社長

【小松務】さん!!

調べてみるとそのお母様も偉大な経営者で、

小松製菓が超ホワイト企業だったことがわかりました!

今回はそれの理由をわかりやすく解説!

それではいってみましょ~!

小松務さんのプロフィールとお人柄をご紹介!

プロフィール
名前:小松務(こまつ・つとむ)
生年月日:1944年生まれ 年齢:75歳
出身:岩手県二戸市 職歴:小松製菓2代目社長

笑顔が素適な男性ですよね!

顔には人柄が出てくるっていいます。

だからきっと笑顔の通り、
優しいお人柄なんだろなあと。

そのお人柄がわかる動画を見つけたのでご紹介♪

南部せんべい岩手県の伝統的お菓子
その歴史なんと600年!
戦国時代の野戦食で侍が食べてたんだって!

そんな伝統菓子を周囲の大反発の中
大胆にアレンジをして評判になり、
今では業界ナンバーワンのお店になったそうです♪

 「いいものを作るには古いものを壊す必要がある」

小松務さんはそんな柔軟な考えの持ち主。

商品開発の裏には社員の活躍も大きく、

社員を信頼して仕事を任せてる一面も。

こんな社長さんなら

みんなついていきますよね♪

小松務さんの息子さんはどんなお方?

小松務さんの息子さんが、小松豊さん。
(やっぱ親子、似てる!)
小松製菓の3代目社長で現社長さんです!
豊さんもおなじく笑顔が素適なお方ですね♪
親子って似るってほんとなんだなあ。
小松豊さんも数々のスゴい経歴があり、
今の小松製菓を牽引される凄腕経営者!
その活躍の一部をご紹介♪

2019年6月に小松製菓が販売してる「チョコ南部」が
国際味覚審査に3品エントリー。
そのエントリー全部が受賞する!
その中のタブレットチョコが3年連続三つ星を獲得
栄誉となるクリスタル賞受賞

国際味覚審査機構とは?
世界中の食品の「味」の審査をし、優れた食品を表彰・プロモーションする機関。ベルギー・ブリュッセルに本部を置く。審査会は毎年3月にブリュッセルで行われ、ヨーロッパで権威のある15の調理師協会および国際ソムリエ協会(ASI)に属する一流シェフとソムリエの中からさらに厳選された「大規模な審査グループ」による徹底した目隠し方式(ブラインドテスト)によって行なわれる。

こんなめっちゃ権威ある賞を、
それも3年連続ってスゴすぎる!想像もつかないくらい、
とてつもない努力と研究を重ねたんでしょうね!

ちなみにこれが
三年連続三つ星の商品の「タブレットチョコ」。
チョコ南部は食べたことあるけど、
たしかにやみつきになる美味しさ!
そんなスゴいチョコだったとは、
どうりで美味しいはずだ。

小松務さんの母親はどんなお方?子ども時代からスゴかった!

プロフィール
名前:小松シキ 生年月日:大正7年生まれ※平成14年2月に84歳で逝去小松製菓創業者であり、小松務さんの母親

小松シキさんは12歳で町に丁稚奉公に行き、

そこで煎餅焼きを覚えたのが

すべてのはじまりだったみたい。

当時の時代は子どもも働きに出てたんですよね。

奉公先ですごく苦労されたそうです・・・。

そんな中シキさんは

「このままずっと奉公してても仕方ない、

商人になっていっぱい稼ぐから奉公やめる!」

と、母に言って

そこからほんとに自分で商売を始めたっていう

スゴいエピソードがありました笑

行動力はんぱない!

昭和23年4月、小松シキさんが小松煎餅店を創業。

大繁盛でどんどん注文が入り、

人をいくら雇っても間に合わないくらい!

誰よりもお金儲けに興味はあったけど

お金に執着しない性格だったようで。

困ってる人に援助するといつも

稼ぎが手元に残らないほどだったとか。

お人柄が伝わってきますよね!

そして自分の成功は自分だけの力じゃなくて、

社員やお客さんなどたくさんの人のおかげという

気持ちを常に持ってたんだそうです。

人を大切にする精神が、

町の小さな煎餅屋さんから業界トップメーカーにまで

成長した理由だったようでした。

小松製菓は現在社員数240 名

売上高はなんと約30億円!!

シキさんの精神が息子、孫の代にまで受け継がれて

今の大企業・小松製菓に繋がってるって思うと

感動しますよね・・・!

小松製菓は超ホワイト企業?こんな職場に就職したい!

小松製菓はケタ違いに超ホワイト企業でした!

「人を大切にする」企業である

小松製菓の驚きの取り組みをここでご紹介!

取り組みその1

平成14年に定年制度を65歳に引き上げて、1年更新で70歳まで雇用。

小松製菓退職年金制度(幸せ年金)があり、80歳まで年2回年金支給!

支給時に社員の為の和風料理店「四季の里」を作り食事に招待する。

もうこの時点で信じられないホワイトさ・・・!

幸せ年金は勤続年数とか考慮した上で、

一人当たり2~5万円を80歳になるまで年2回支給。

ここまでしてくれる企業ってないよね・・・?

75歳以上の社員もけっこういるんだって!

取り組みその2

就業時間中に社員の誕生日会を開催。

小松さんの妻の手料理を振る舞い、タルトタタンケーキを1ホール贈る。

260人いる社員の中で誕生日者は全員呼ぶそうです!

ここまですんの!?

ちなみに妻は小松製菓の常務でした。

なんだか家族みたいなアットホーム企業。

取り組みその3

育児休業制度、育児短時間勤務制度完備。

保育園児がいる社員に1カ月1万円の助成金支給。

月1で就業時間に外部講師を呼んで育児勉強会を開催。

「良い仕事をするには家庭が幸せであること」

そんな想いから子育て支援にも超協力的!

ほんとこれ社員さん助かりますよね。

こんな職場だったらみんな笑顔で働けそう!

スゴいなあ、めちゃ羨まし!

記事のまとめ!

いかがだったでしょうか?

今回はカンブリア宮殿に出演される、

小松製菓2代目社長【小松務】さんを始め、お母様、息子さん。

そして小松製菓の素晴らしい取り組みに注目してみました!

小松製菓の「人を大切にする」精神、

ぜひ見本にしたい考え方ですね♪

では、今回はこのへんで!

最後まで見てくれてありがとう~!

※カンブリア宮殿の関連記事はこちらから♪

おばあちゃん家にあるおせんべいと言えば、 南部せんべいですよね! 実家に帰ると毎回あった記憶が笑 そんなお馴染みの...
※11月12日更新!! どうも!くまおさです♪ 今回の「カンブリア宮殿」神経営者紹介は あ...
どうもこんにちは! kumaosa.com管理人くまおさです♪ 11月7日放送カンブリア...
※10月27日記事更新しました!! どうもこんにちは!くまおさです♪ 2019年10月31日に放送予定の...
こんにちは!kumaosa.com管理人のくまおさです! 2019年10月24日(木)22時から放送の【カンブリア宮殿】は、あの有...

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする