ひっぽのへそ大根の通販お取り寄せと値段は?宮城県丸森町青空レストラン

くまおさです!

1月11日の青空レストランの食材は

宮城県丸森町筆甫(ひっぽ)【へそ大根】

丸森町伝統食材1つ1つ手作業で作られてて

「手間をかけられて作られたへそ大根には

あじがギュッと染みこむ」美味しさなんだって♪

今回は気になるへそ大根の特徴食べ方

通販でお取り寄せ情報をご紹介!

へそ大根の特徴は?なんでへそなの?

へそ大根

宮城県丸森町筆甫(ひっぽ)地区

作られる伝統食材。

ひっぽのへそ大根

とも呼ばれるみたい。

2.5㎝ほどに輪切りにした大根を茹でた後に

串に刺して、そこから更に

一ヶ月くらい冷たい風に晒すことで作られる。

へそって言われるのは

このときに出来た串の穴が乾燥しても残り

ちょうどおへそに見えることから名付けられた。

丸森町筆甫地区の気候の中で

凍る、溶けるを繰り返すことで

歯ごたえと旨味がギュッと詰まった

美味しい食材になる!

ひっぽのへそ大根が出来るには

一ヶ月から2ヶ月くらい

時間がかかるみたい。

かなり手間がかかってるよね!

食べ方については後ほど紹介♪

へそ大根の価格は?通販でお取り寄せできる?

美味しそうなへそ大根だけど

通販でお取り寄せできるのか?

値段はどのくらいなのか気になるところ。

調べてみたら、まず最初に

【1TO2BLDG(イチトニビル)】

オンラインストアでお取り扱いあり。

値段は660円くらい。

⇒イチトニビルで確認する

※残念ながら1/9現在は売り切れ中だった。

あとはYahoo!でも

へそ大根の取り扱いあり。

⇒Yahoo!でへそ大根確認する

※1/9現在の情報なので売り切れてたらごめん。

※追記

日テレ通販サイトに

ひっぽのへそ大根が登場したよ。

⇒日テレ通販サイトで確認する

3袋セットで1,800円(税別)だった。

気になる方はお早めに!

へそ大根はどうやって食べるの?戻し方は?

へそ大根の食べ方が気になったから

調べてみた!

ネットでの説明を参考にまとめると・・・。

まず軽く水洗いをしてから、

ボウルなどの容器にたっぷりの水を用意する。

※ぬるめのお湯でもいいらしい。

その中にへそ大根を入れて

一晩かけてゆっくり戻す。

このゆっくり戻すのがポイントなんだって!

戻したあとは他の野菜や食材と一緒に煮込むと

美味しく出来上がる。

このへそ大根を戻した時の戻し汁は捨てないで

煮込む時に一緒に入れると風味が出て

更に美味しいとのこと!

冬の料理に最適♪

この記事のまとめ!

1月11日の青空レストランは

宮城県丸森町筆甫の【へそ大根】が登場!

標高500メートルほどの山に囲まれた

この地域ならではの環境で作られる

美味しい食材♪

輪切りにして1度茹でてから串に通し、

さらに1ヶ月以上もの間天日干しにするという

かなり手間ひまがかかって作られてる。

そうやって出来たへそ大根は

生の大根と比べて味の染みこみ具合が

すごくてめちゃ美味しいという♪

⇒青空レストランの前回の放送はこちら!

⇒青空レストランの深谷市の幻の里芋も。

⇒他の地域の伝統食材・伊吹大根も。

放送まで楽しみだね!

それでは今回はこのへんで。

最後まで読んでくれてありがとう♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする